最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

ドラムのセルフメンテナンスについて

こんばんは。ドラマー&パーカッショニストのHIKOです。

今回は、ドラムのメンテナンスについて書いて行きたいと思います。

今はネットでググれば方法もいくらでも出てくると思います。

でもここではあえて、自分でできる、簡単なメンテを紹介していきたいと思います。

メンテナンスって奥が深くて、調べれば調べるほどわけがわからなくなるんですよね。。

グリス?オイル?粘度?ブラシの種類?ポッリシュ?クリーナー?・・・・・

結局何から手をつけたらいいの・・・(´・ω・`)しょぼん

って人は多いんじゃないかと思います。

・・・何を隠そう僕もそうです。

まずは道具がこんだけ必要です。って何十種類もざっと一覧であったりとか。

このパーツはこうします。この部分はこうします。と何パターンもあったりとか。

ドラムのメンテナンスに絶好のタイミングは、ヘッド交換の際なんですが、

結局よくわからなすぎて、

「ま、まぁメンテはまた次の機会にしといてやるか(;´▽`A``」

ってなったことがあるのは、僕だけではないはず。。

そんなめんどくさがり屋でも「これだけは押さえておいた方がいいな。」と思う部分を、書いていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まぁいくら簡単にとはいっても、最低限の道具はやはり必要です。

▼チューニングキー(CRUZTOOLS ( クルーズツールス ) / GrooveTech T-Handle Drum Key

▼オイル(YAMAHA ( ヤマハ ) / P01

▼ブラシ(極端に固くなければなんでも)

▼楽器用のクロス(MORRIS ( モーリス ) / CLEANING CLOTH※いらないTシャツでも代用可。むしろそっちの方が気兼ねなく使えていいとさえ思う。

▼ドライバー(普通のドライバー)

▼クリーナー(FERNANDES ( フェルナンデス ) / SCRATCH MENDER 946

これだけあれば十分です。すべて楽器屋さんで揃いますし、もし無くてもサウンドハウスなりアマゾンで買えば、簡単に手に入ると思います。

さて、ここからは実際の手順です。

ヘッド交換を想定して、メンテを進めていきます。

(今回はタムでやっていますが、基本はスネア含めてどの太鼓でも同じです。)

まずはヘッドを外すわけですが、ここでクルーズツールスのチューニグキーが活躍します。

これほんとうに、おすすめです。「このチューニングキーを手に入れてから、電動工具を使うより早くメンテができるようになった。」という話をよく聞きます。作りもいいし、本体に重量があるので、竹とんぼのように回せば、2秒くらいでボルトをラグから抜けます。(いやほんとに!)チューニングキーとしては高価ですが、手に入れて損のないものです。

ボルトを外したら、クロスでふきます。

クロスじゃなくてTシャツの切れ端でも可です。結構汚れるので、むしろクロスよりもTシャツの方が気兼ねなく拭けていいかもしれないですね^^;

あと一つ注意点です。ボルトに限らず楽器を拭く際に、つい手軽だからとティッシュを使ってしまう人、少なくないんじゃないかと思いますが、、

ティッシュは絶対ダメです!!!

繊維の粉?みたいなのが残って、楽器を蝕んでいきます((((;゚Д゚)))))))