最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

V-Drumsを使ったレコーディング

こんにちは。ドラマー&パーカッションニストのHIKOです。

ミュージシャンのライブサポート以外の仕事について、書いていきたいと思います。

ずばりV-Drumsを使ったレコーディング!・・といっても、今回が初めてなんですけどね。笑

できるかなー。。ちょっと難しいかなぁ。。面白そうだからやってみよう!って感じです。

なんでも準備が整ってからやろうとすると遅すぎますからね。

V-Drumsは、DIRECT OUTから、まるで生ドラムをレコーディングしたように各パーツの音をオーディオデータで録ることができます。

ただ、OUTは8系統あるので、今持っているインターフェースでは録りきれない。

それにオーディオデータだと、後で色々いじくるのにエンジニア並みのスキルが必要。。

・・といった理由から、レコーディングといっても、基本MIDIで録ることにしました。

ただMIDIだけだとどうしても生々しさに欠けるので、ハイハットライドだけは、オーディオで録ることにしました。

※※ここから専門的な内容を含みますが、検索しても出てこなくて、苦労した部分を書いていこうかと思います。※※

環境はこんな感じ。

PC : MacBook Pro

DAW:Logic Pro X

オーディオインターフェース : Steinberg UR44

楽器:Roland TD30KV-S

セットした環境はこんな感じです。

まずはV-Drums側。MIDIケーブルをMIDI OUTに接続。

そして、V-Drumsは、DIRECT OUTの3がハイハット、4がライドなので、そこにシールドを接続。

そして、MIDIケーブルの方を、オーディオインターフェースのMIDI Inputにつなぎます。

DIRECT OUTからとった2回線を、インターフェースのInputにつなぎます。

インターフェースからPCは、USB一本!デジタルはこういうとこほんと便利ですね。

そしてここからは、PCのDAW側の操作。

プロジェクトを立ち上げたら、これをしないと本当に何も始まらない!!

環境設定→詳細の、”詳細ツールを表示”をチェックしないと、わりと大体の設定メニューがそもそも表示されません !!

まずはここにチェックをいれます。

次にMIDI用のトラックを作ります。新規トラック作成を選択して、音源メニューから、Drum Kit Designerを選びます。

トラックを作ったら、こんな感じの画面になるはずなので、赤丸のとこをクリックします。

そうするとこのエディター画面が開くので、Input MappingをGM→V-Drumに変更します。

これをしないと、シンバル類がうまく割り当てられないので注意です。

あとは、DIRECT OUTから録る、ハイハットとライドシンバル用のトラックも作ります。

たった3トラックで、最低限のドラムレコーディング環境が完成です!

生ドラムじゃなくても、これだけで以外と生々しさがでます。

MIDIなので、音色も後から自由自在。

「ここまできたら、もう打ち込みと同じやん。」

と言われると、たしかにそうかもしれないと僕も思うのですが。。笑

ただやってみた感じ、MIDIというデジタルな方式に変換されても、自分のドラムの感じは出るな、と思いました。

多分、程度の差の問題で、デジタルだろうがアナログだろうが、一発録りだろうが、多重録音だろうが、演奏した本人の”何か”は、ちゃんと音に残るんだと思います。

今回新しいことばっかりで大変だったけど、面白かったなぁ。。

またこういう制作系の案件があれば、ブログにアップしたいと思います!

#vdrums #recording